きものの種類

道行コート・塵除けにも


道行コートは訪問着(ほうもんぎ)を着用している時に着るものとされています。
羽織りという便利な羽織りものは訪問着に適さないとされていたので道行コートを使用します。

しかし、最近では道行コートは雨除けや塵除けなどと同じように使える優れものとして紹介されています。
本来の文化はこうしてできたというところまで戻る必要が無いとはいいませんけれど、普段着の着物でも塵除けとボロ隠しですないですが(笑)ちょっと出かけたい時に便利なものは無いものかとインターネットで調べておりました。

リーズナブルで塵除けとして良いものを見つましたのでご紹介しておきます。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

道行コート<合繊ちりめん>無地
価格:12960円(税込、送料無料) (2017/3/30時点)




こちらでございます。セミオーダーで裏地を選べるのがいいですね。
合繊ちりめんなので気にせず使えます。道行コートは華やかな柄ものや地紋が入ったものや無地ものまで色々ありますが、持つバックの色によるところはあるとは言え、暗めの単色無地物は色々な色の着物には合わせやすいと思います。道行コートの生地は柄ものでもシンプルなものが多いので、好みの生地でセミオーダーできるのはありがたいですね。

春のお出かけの際の塵除けには東レのシルック生地(シルクではないけれどシルクのような肌触りです。見た目も安っぽくない。)を使った明るい色のシースルーコートも素敵だと思います。

着物で春のお出かけや花見を楽しことは日本人としての楽しみの一つにしていただけたら幸いです。
最近では外国の方が着物の良さをご存知なのがこれまた嬉しいですね。鎌倉などでも着物のレンタルと着付けをしているショップがありますね。素敵なアイデアだと思います。


ブログランキング

bn
人気ブログランキングへ

着物の着付けと用語トップへ戻る

日記

着物の衣替え(きもののころもがえ)



 着物などの衣替えのおおよその時期

地域によって差がありますので

ご在住の季節に合わせてご判断下さいませ。



絹のお着物は冬場の乾燥している時期、

梅雨あけの天気の良い日に

着物を裏返しにして干しましょう。


じめじめした梅雨時のカビ防ぎのために

エアコンなどが入って湿度が低い部屋に出して

乾いた空気に触れさせましょう。






節 


初夏から晩秋

にかけて

(5月下旬頃から

10月初旬)
初夏

(6月初旬から
7月初旬)



初秋

(9月初旬から
9月下旬)
盛夏

7月初旬〜

9月中旬




袷(あわせ)訪問着



袷の縮緬(ちりめん)

袷のお召
単衣



(ひとえ訪問着)





絽(ろ)の

縮縮緬(ちりめん)

絽のお召
単衣(ひとえ)

訪問着



紋紗(もんしゃ)

・紋絽(もんろ)

・平絽(ひらろ)

・駒絽(こまろ)

・薄御召

・絽縮緬

(ろちりめん)など




袷(あわせ)の

普通羽織

縮緬(ちりめん)や

紋綸子の絵羽

(もんりんずのえば)

や、縫取縮緬など
単衣(ひとえ)の羽織

茶羽織(ちゃばおり)

レースものなど
 ほとんどの場合

この時期には

羽織は着ません。

エアコンで

冷えるような

場所に行くような場合は

レースもの。
 帯袋帯

(綴織りや糸錦)



名古屋帯

(綴織りや糸錦など)
単衣帯

綴れ織の帯



変わり織の帯

(交織りなど)

単衣帯





絽(ろ

紗(しゃ)

変わり織りなど


袷の長じゅばん



縮緬(ちりめん)

綸子(りんず)
無地単衣

(ひとえ)



平絽、縮緬の

長襦袢
単衣長襦袢



平絽など
 コー



道行コート

(綸子、御召)

防寒コート
  




















袷(あわせ)

長着(ながぎ)



・小紋

・御召

紬など

・結城紬

・大島紬

・銘仙

単衣(ひとえ)の長着

ウールや化繊
 単衣長尺

単衣長尺





上布

平絽

絽縮緬

(ろちりめん)
 羽



袷中羽織

(小紋、御召など)



袷茶羽織

(小紋、御召のほか

洋服地などを

使ったものなど)



単衣茶羽織

(ウールや化繊)
単衣茶羽織

レース制など


  帯名古屋帯

(綴織り、染め帯、

無地、柄物)



半巾帯
単帯



博多帯、綴れ帯など

名古屋帯夏物
単帯



名古屋帯

絽の帯

紗の帯

変わり織(交織りなど)


袷、または

単衣長襦袢



綸子や縮緬

アセテートなど

単衣長襦袢



ベンベルグ

アセテートなど
単衣長襦袢

または

半襦袢と裾除け
 コ





防寒コート

ダスターコート
  














 袷長着



絣木綿

(かすりもめん)



ウール

化繊

合繊
浴衣

単衣長着





(絣)-かすり

木綿

交織

化繊など
 浴衣




袷茶羽織



(木綿や別珍、

コーデュロイなど)
  
半巾帯浴衣帯

半幅帯
浴衣帯

半幅帯


単衣長襦袢単衣長襦袢

半襦袢と裾除け
 
 コ





ホームコート

デニムやコーデュロイ、

その他化繊など
  

※長着とは足まで隠す通常でいうところの着物の事です。


ブログランキングに参加しています。
応援していただける方はポチッとクリックをお願いします。

bn



慶事用・振袖(ふりそで)

振り袖 成人式や卒業式、結婚式等で着たい着物

未婚女性の礼装が振り袖です。
正式な振袖は紋を入れたものになりますが、
現在は、紋を入れない振り袖が一般的になりました。

振り袖の種類は、
大振り袖 袖丈・2尺8寸(約105cm)
中振り袖 袖丈・2尺4寸(約90cm)
小振り袖 袖丈・2尺(約76cm)
の三種類です。

(通常の一尺は約30cmですが、着物の寸法は、鯨尺(クジラジャク)を使い、一尺は37.88cm(約38cm) 一寸は約3.8cmと計算します。)
鯨尺でのセンチメートル換算は江戸着物の仕立てで使う鯨尺のセンチメートル換算 - 高精度計算サイト
というサイトですぐに調べられますのでご参考にされると良いと思います。
http://keisan.casio.jp/exec/system/1317869214

現在は、女性の身長が高くなったこともあり、袖丈の長いものが多くなりましたね。
普通仕立てでお願いするとおおよそですが裄丈は67cm前後で仕立てる事が多いですね。

昔の着物の裄丈はほとんどの場合64cm前後ですが、裄は数センチ出せる事が多いので裄を出して自分の好みの長さにお直しをするのも良いと思います。
昔の着物の生地はとても良いものが多いですので着ないままに箪笥に仕舞い込むのはもったいないですね。



(振袖の着付けに必要な物)

・着物(振り袖)
fulisode

・長じゅばん 紋綸子(もんりんず)の長じゅばん。
半衿は、白の塩瀬羽二重(しろぜはぶたえ)が一般的ですが、金銀糸の刺繍のものも華やかでよいでしょう。
・半えり(刺繍襟など)⇔長じゅばんに縫いつけます。


半襟の付け方はこちらから

・(伊達襟(重ね襟))⇔きものの襟にピンでとめるか簡単に縫いつけます。



・帯: 丸帯か袋帯
一般的には袋帯です。
(最近では丸帯は婚礼の時か舞妓さんしかつかわなくなっています。)

maluobi
・帯締め: 丸組み、または、角組み



・帯揚げ: 赤の鹿の子絞り(疋田←ヒッタと読みます)が正式なものとなります。
無地染めや、ぼかし染め、鮮やかな刺繍のものも華やかでよいでしょう。
IMG_3532.JPG

・腰ひも、コーリンベルト、合わせて最低5本。
帯の変わり結び等に使う場合は腰ひもは4本くらい準備しておきましょう。

・伊達締め2本、肌襦袢、裾よけ、補正じゅばん、帯枕、帯板(前板と後ろ板)、足袋。

下着その他のセットで買うと楽です。
その他補正用のタオル3枚。


   
・草履: 佐賀錦、糸錦、唐織、つづれ織り、ビーズの草履。
最近では(ぽっくり)(こっぽり)など身長が高く見えるように、履く人もいます。
七五三ではぽっくりを履くものでしたが、成人式や卒業式でも履くようになっています。



・バッグ   金銀糸のもの、佐賀錦、唐織り、つづれ織り、ビーズのもの。

・扇子(末広) 金、銀の紙製のもので、両骨は漆塗りのものがよいでしょう。

・紙入れ   帯の間に挟み入れるので、小さめのものがよいでしょう。


帯結びは、ふくら雀
ふくら雀

や、玉椿、松竹梅など、華やかな結びが合います。
ふくら雀は、車の乗り降りや、椅子に座るなどする時に、帯に崩れがなく、着物を着ている本人も楽ができる結び方でお勧めです。



飾り紐を使うとおしゃれですね。




購入しても、後に使用することがないと思われる方は着物一式をレンタルするのもいいですね。



振袖の着物や帯や帯締めや帯あげや伊達襟(重ね襟)など色々なコーディネートを考えると迷うばかりです。
amazonでも振袖のフルセットが販売されています。


オークションなどで安い振袖用の反物や仮絵羽(反物の裁断はしてありますが本縫いしてある訳ではありません。)などを安価に購入して、自分で縫ったり着物を縫えるおお婆ちゃんに手縫いしてもらうのも良い思い出になります。
仮絵羽というのは↓のような(柄合わせをしてある)状態です。八掛はほとんどの場合はついています。ただし共布なので同色の場合が多いです。反物によっては単色ではなく、柄が入った部分が八掛になっているものもあります。
IMG_4174.JPG

同裏(白い部分)は自分で購入しなければならないですが、私的には正絹のものよりもポリエステルの方が色の変色がないので今の時代では後者を選ぶかな?
落札振袖.jpg



(長襦袢の反物)
IMG_4013.JPG
着物の袖からちらりと見える時には長じゅばんの袖の内側の下側が一番よく見えるので濃い色を下側にもってくると美しいですね。
IMG_4178.JPG


IMG_4278.JPG
帯は呉服屋さんの中古の品をオークションにて落札しました。
刺繍襟もつけて準備オッケーです。
IMG_4277.JPG


いい感じで揃いました。

重ね襟は着物に一か所止めするだけで良いです。
IMG_0832_01.jpg

IMG_5127_01.jpg
大きな花なども美しいのですが振袖や帯の雰囲気からかんざしをつけるというのもまたイキな感じで良いですね。

着物は古くなって着なくなったり結婚をして振袖の袖を切って附下代わりに着たりもしないしという方は、タペストリーにしたり、和風の小物入れの外側に貼って美しい小物に仕上げることもできます。
箪笥に仕舞い込んでしまうよりは有意義な使い方だと思います。


昔母親が身につけた振袖やその他の正絹の着物はシミ抜きをしてもらったり、洗い張りに出して美しく仕上げてもらうと孫やひ孫にまで着物を着てもらえます。
着物は長く大切に使ってあげましょう。
注)絞りの着物は洗い張りに出すと、絞りの凸部分がなくなってしまいますので、洗い張りではなく、着物専門のクリーニング店でしっかり確認してから出して下さいね。


友人が結婚式に招待されたとの事で手作り手縫い振袖を送りました。
帯は銀糸銀糸が使われている帯を合わせられたようです。
この帯も30年ほど前に作った帯です。
振袖は着ていただける方に何度も着ていただくことでそのお着物の状態も良い状態に保つ事ができます。
流行りのない古典柄の着物は何十年でもつかえます。
DSC_0272.JPG
大人の雰囲気があってとても美しい立ち姿です。
袋帯を何本か持っていれば同じ振袖でも違ったイメージになりますね。
また、黒かんざしを差し上げたのですが、この方がご自分で猫の絵を書かれました。
とっても可愛いかんざしに仕上がっています。素敵ですね。私にはそういう才能はありませんので尊敬いたします。
世界にたった一つだけのオリジナル作品になります。(=^・^=)素敵♪

かんざし02.JPG

また、着付けやヘアメーク、記念写真撮影の予約は早めにしておきましょう。

2013年(平成25年)の成人式は1月14日月曜日ですが、自治体によっては13日(日曜日)に行うところも多いようです。早めの確認をしておきましょう。

2015年(平成27年)の成人式は1月12日月曜日ですが、自治体によっては前日の日曜日に行うところも多いようです。ご自分が出られる成人式の日程は、早めに各自治体で確認しておきましょう。

2016年(平成28年)の成人の日は1月11日月曜日です。自治体によっては成人式は、前日の日曜日に行うところも多いようです。ご自分が出られる成人式の日程は、早めに各自治体で確認しておきましょう。

ブログランキング

bn
人気ブログランキングへ

着物の着付けと用語トップへ戻る


振り袖 成人式や卒業式、結婚式等で着たい着物

子供の着物

初着(うぶぎ)から四つ身まで

子供のきものにはお宮参りの時から小学2年生くらいまで
着られる四つ身まで色々な種類があります。

一つ身
後ろ見ごろを一幅で裁つという意味から付いた名称です。
生まれたばかりの赤ちゃんから三歳まで着られます。


三つ身
前身頃と後ろ身頃を身丈の三倍の布で裁つという意味から
ついた名称です。
七五三の三歳の祝いで着ます。

四つ身
前身ごろと後ろ身頃を身丈の4倍の布で裁つという意味から
ついた名称です。
中裁ちという言い方もあります。
四歳から八、九歳まで着られます。

被布
女の子がきものの上に着るコートで、袖のあるものと
袖なしのものがあります。
下の写真は袖のないものです。


また、組紐の飾りがついています。
被布はきものとお揃いが正式で、
色柄違いは略式ということになります。

可愛いですよね。

袴 卒業式

卒業式に二尺袖と袴の組み合わせでどうですか?

子供さんたちの卒業式、そして入学式に季節には、
昔はお母さんは着物姿でした。

今は洋服を着ているお母さん方が多いかもしれませんね。
でも、たまには着物というのも、日本の文化を子供に教えるという意味も含めてよいかもしれませんね。
いつものお母さんと違うなぁ・・特別な日なんだ・・入学式とか卒業式というように。

色無地の着物でご出席しませんか?おかあさん^^

背紋(一つ紋)を入れたいところです。


これなら取り外しができるのでレンタルのお着物にも使えます。

大学の卒業式では、女子は袴姿のお嬢さんが増えましたね。
とても素敵です。

元来、袴は高貴な人が着るものでした。
今では、入学をする子供さんや大学の卒業式で袴を着付ける事が多くなりました。
袴の時の下帯は半幅の帯でよいので、色が合えば浴衣に使っていた反幅帯を使えます。

正式には、卒業される娘さんは付け下げの着物に金糸が入った袋帯という組み合わせがよいのですが、時代は変わりました。
それぞれの個性に合わせたスタイルで着物を見につけてくれるだけで、着物愛好家といては嬉しく思います。


弓道も袴姿ですね。(スポーツ用として販売されています。)

(女性用行灯(あんどん)型の弓道袴)
行灯型の袴は股がありませんのでこの袴に着物を着る事ができますし、おトイレも楽です。。
弓道をされる女性はこちらの行灯型の袴を使う事が多いです。



(女性用馬乗り型弓道袴)
馬乗り型の袴を使うのは男性が多いです。




二尺袖の紋付に袴姿って素敵ですね。
花の刺繍の紋が入ったものが多いようです。個人的に紋入りで作れるとすれば、花紋を入れた二尺袖の振袖を作ってみられるのもよいかもしれませんね。
袴を着る時には着物も長襦袢も短く着付けをします。
成人式で着られた振袖を羽織るのもよいのですが、袴の腰辺りがもこもこになっちゃうので、二尺袖と袴を購入して、付け袖(二尺用・購入した袖丈に合うもの)を袖の内側に縫い着けて、長襦袢の代わりなるうそつき衿
を使用すると、すっきりとした袴姿になります。
二尺の付け袖はなかなかないので、長襦袢の残布をオークションなどで落札して着物の袖巾より約5ミリ程度短くして手作りするのも楽しいものです。

うそつき半襦袢「腰紐もベルトも要らない超楽ちんの半襦袢」 (メール便不可)

うそつき半襦袢「腰紐もベルトも要らない超楽ちんの半襦袢」 (メール便不可)


好みの問題もありますけれど、できるだけすっきりと袴を着れる事で娘さんも楽だと思います。

袴は袴下からの寸法が書いてありますが、草履を履く場合とブーツを履く場合では少し丈を変えた方が良いですね。ブーツを履く方は袴は少し短めに着られるのも良いかと思います。
身長に合わせて袴の丈調整ができるものもあります。
袴、卒業式.jpg

卒業式袴/成人式女袴 アート小町2Way無地袴 H707 ボルドーブラウン

卒業式袴/成人式女袴 アート小町2Way無地袴 H707 ボルドーブラウン

このお品物はとても良いものなのではないかと思いましたのでご紹介しておきますね。
ヤフーショップです。

その他のショップで良さそうだなぁって思ったのがこちらのショップ
袴 卒業式袴 袴セット (二尺袖着物・袴・半幅帯・長襦袢) 白 桜 乱菊 マゼンタ袴 女性袴

袴 卒業式袴 袴セット (二尺袖着物・袴・半幅帯・長襦袢) 白 桜 乱菊 マゼンタ袴 女性袴






着物の柄が矢絣というと「はいからさん」を思い出します。
髪には大き目のリボンだけでも素敵です。




(株)安田屋 新品二尺袖着物袴セット★着物のブランド:H・L(アッシュ・エル)★卒業式に★l...
若い方はどんな着物を着ても可愛いらしいものです。

ブログランキングに参加しています。
応援していただける方はポチッとクリックをお願いします。

bn

人気ブログランキングへ


着物・長襦袢・帯の仕立て

浴衣は一日で二枚縫える

もともと和裁というのは主婦の仕事でもありました。
昔の日本女子といえば縫い物全般をしなければなりませんでした。

男物も女物も子供の着物も布団も、布製品全般は一つの着物の反物から縫われ、着なくなった着物はほどいて別なものに縫い上げるという今でいうとこのリサイクルを実践していたのです。
素晴らしいエコな生活。

明治生まれの祖母が一級和裁の御免状を持っておりましたので母はその祖母から縫い物を習ったそうです。
私の場合はわからなくなると母に聞きます。

浴衣は半日あれば縫えますよと幼少の頃から聞いていました。
昔まだ学生だった頃に浴衣を縫った事がありますが若い頃は覚えも早いです。
針の目も良く見えます。

今はミシン仕立ての浴衣が多いですね。
ミシン仕立てだとめちゃくちゃ早く縫い上がります。
着心地に違いがそうそうないので、ほどく機会があまりない現代ではミシン仕立てでも良いのではないでしょうかね。

さて、和裁をするにあたって必要な道具といえば?
・へら(0.5ミリくらいの厚さが丁度良いです。薄すぎると繊細な布が切れてしまいます)
・へら台(木製で170cmくらいのものが欲しいところですが部屋が狭いし普段から縫い物をするわけではないので、折りたたみ式の厚手のへら台がおすすめです)
へらで印がつきにくい場合が多いので、その時は糸で縫っていく位置を大きく縫って印とします。

・場合によってはチャコ(浴衣でしたらチャコを使っても良いと思います。)
・鯨尺(くじらじゃく)の竹ものさし
・裁ちばさみ
・くけ台と懸張器(カケハリキ)=(折りたたみ式のものと、台にとりつけるタイプのものがあります。かけはりきというのは小学校の時に使った裁縫箱に入っていたと思いますがくけ台につけて布を挟む道具です。)
木製くけ台 玉付 480×470mm

木製くけ台 玉付 480×470mm
価格:1,764円(税込、送料別)


(くけだい)

【メール便対応】クロバーかけはり

【メール便対応】クロバーかけはり
価格:787円(税込、送料別)


(かけはりき)

・コテ なければアイロンを上手に使いましょう

(こて台とこて)



・アイロン台
・袖型(ソデガタ)袖の丸みを作る時に使います。自作したものでも良いと思います。

・針と糸や糸切り鋏、マチ針や指ぬきなど一般的に使う裁縫道具

結婚式のお祝いなどでこういうものを贈るのも贈られるのも嬉しいですよね。


(小学校家庭科の授業での必需品)
これは結構つかえますよ^^

洋裁和裁に使える「へら台」
和洋裁用具【金亀】460044 和裁へら台 中布4号

和洋裁用具【金亀】460044 和裁へら台 中布4号
価格:5,145円(税込、送料別)


こういうものです。
それと「へら」


趣味程度でちょこっと縫ってみようかなという場合には道具は工夫して自分なりに作ってしまってもいいと私は思います。
道具は揃えたけれどそんなに縫い物なんてしないしと言う事になるともったいないですものね。

えらそうな事を言っている私ですが素人です^^;
裁ち鋏はとぎに出さなければならないことに気がつきましたorz


そんな失敗をしながら道具の大切さも覚えていくものです。


買った方が安いといえば安い浴衣(笑)

半幅帯は残布で仕上がりましたしねぇ。悩むところです。
IMG_9151.JPG
浴衣用というよりは単衣(ひとえ)の着物用という仕上がりになっちゃいました。

夏用のバッグが欲しいなぁ。ちょっとお洒落に浴衣でも単衣の着物や絽の着物などでの外出で一つあると便利なアタバッグ



正直、岡重のアタバッグがこの値段ってのは安いです。

IMG_9171.JPG

ブログランキング

bn
人気ブログランキングへ

着物の着付けと用語トップへ戻る

きもの・家紋(一つ紋・三つ紋・五つ紋)

着物の家紋 (紋)



(一つ紋)
背紋(せもん)が一つだけ入ったものです。

(三つ紋)
背紋と袖紋(両そでの外側についています)の
合計三つの紋が入ったものです。
略礼装として着られる着物になります。

(五つ紋)
背紋と袖紋(左右の外袖についています)と
抱紋(だきもん)(左右の胸元についています)の
合計五つの紋が入ったものです。

五つ紋付は
男性の正装、礼装としての着物と羽織に入れます。



 




女性の場合は、留袖や喪服に入れます。
また、その昔は振袖に五つ紋を入れることが正式でした。(地域によって違うかもしれません)
最近は振袖に紋を入れる方は少なくなりました。
紋を入れるとしても背紋のみですかね。

女性の場合、結婚前に自分の家の家紋を
着物や羽織に入れますが、結婚後もそのままの紋付きのものを
着ます。
出生した家の家紋がお守りになると言われています。
(地域によるかとも思います。)

貸衣装や既製品の場合は「丸に五三桐」や「五三桐」という紋が入っているものが多いようです。

・染め抜き紋
着物地に白く染め抜いた紋。
陽紋と陰紋があります。
陽紋は白生地から染めたもので正式なものとなります。
陰紋は略式であり、紋の輪郭だけが白くなっています。


色無地 紋入れ加工 染め抜き一つ紋(抜紋)


・縫い紋
紋を刺繍したものです。

 





・張り紋
着物の色上げ(染め替えのこと)や、紋が汚れてしまった時
上から張りつけるものです。
最近はとても簡単に貼り付けられる張り紋の専門のお店も
あります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【往復送料無料】きれいやの紋入れ加工【張り紋】
価格:6480円(税込、送料無料) (2017/3/10時点)


 



・石打ち紋
既製品の着物で、紋を入れる部分が白く残してあるものです。
既製品の留袖や喪服は石打ち紋です。



正しい家紋台帳
家紋にはさまざまなものがあります。



家紋100種類です。
自分の家の家紋はありますか?
家紋100

(日本の家紋の歴史)
家紋は、平安時代の公家からはじまり、その後鎌倉時代の頃から武家の男性が衣につけるようになったようです。
家紋は1688年(元禄)の頃から甲冑(かっちゅう)や刀にもお家の印として入れられるようになります。
その後、提灯や暖簾ふすまや瓦、仏具、お墓などさまざまなものに家紋を入れるようになりました。
着物には紋を入れるのが当たり前でね帯飾り(帯留め)にも紋が入ったものなどを使用していたようです。

女性の女紋は、母から娘へと受け継がれるもので男性は自分の家の紋を入れます。
これは日本列島の東西で違いがあるようです。

現在ではこのような風習はあまりありません。
自分の好きな紋を入れる人が多くなりましたね。
お洒落な刺繍糸で縫われている加賀紋や花紋は、背紋として入れるととても華やかです。
三つ紋で花紋が入っている二尺袖などもあります。

ブログランキング

bn
人気ブログランキングへ

着物の着付けと用語トップへ戻る

着物や帯などのたたみ方(着物、長襦袢、帯、羽織、コート・袴)

長襦袢のたたみ方

襦袢だたみです。
長襦袢のたたみ方は和装コート、羽織と同じようにしてたたみます。

写真を撮るのに左右どちらから撮っているのでわかりづらいかもしれませんがご了承くださいませ。

IMG_4235.JPG
@衿側は自分の左手にくるように広げます。
襟元がYの字になるように前身ごろを重ね合わせます。

10.JPG
A袖の右の脇と裾側を持ち縫い目を境に折ります。

IMG_4235.JPG

B自分から遠くにいってしまった袖を手前に(自分側)に折り返します。
身頃より数センチ袖の端がくるように折りましょう。
(身頃が2cm見えるくらいという意味です。)

07.JPG
C反対側(上前)も手前を折った時と同様に縫い目に添って両手で持ち手前に折ります。

06.JPG
袖は奥に折り返します。

05.JPG
D裾側を持って長襦袢を折ります。

このままでたとう紙にしまう方もいらっしゃいますが、私はこれからさらに・・。

04.JPG
E襟元を崩れないようにしっかりもって裏にひっくり返します。
03.JPG

はい、これでたとう紙に入れておしまいです。
01.JPG

ブログランキングに参加しています。
応援していただける方はポチッとクリックをお願いします。

bn
人気ブログランキングへ


着物や帯などのたたみ方(着物、長襦袢、帯、羽織、コート・袴)

着物のたたみ方(本だたみ)

着物のたたみ方は本だたみ、夜着たたみ、襦袢だたみがあります。
着物のたたみ方は男性の着物も女性物と同じです。

通常たたまれている本だたみです。
【自分の左側に衿がある状態で行います。】

IMG_4251.JPG
@着物を広げます。襟は自分から見て左側になるようにします。

IMG_4252.JPG
A襟を折って衽(おくみ)の線から手前に折ります。
IMG_4259.JPG
襟に変なシワができないように○印同士を合わせて下さいね。

IMG_4253.JPG
B下前の衽(おくみ)に上前を衿先、衿下、が揃うように引き寄せて重ねます。

IMG_4260.JPG
C背の中心に両手で上前の脇と裾側を持ち重ね合わせます。(変な生き物写ってますが^^;)

IMG_4261.JPG
D左袖を縫い線から奥側に折ります。(身頃に乗せる)

IMG_4262.JPG
E裾を折ります。衿先が折れないようにしましょう。

(ここから写真は自分で撮れないので反対側から撮ってもらいました。なので着物が180度違うように見えますが変わっておりません。衿は作業手の左側にあります。)
IMG_4263.JPG
Fしっかりと衿側を持って着物をひっくり返します。
着物の手前をしっかり持って衿が上になるように返して右袖を整えながら身頃の上に乗せてます。

F
IMG_4266.JPG
袖を上に折って乗せておわりです。




着物の襟もと、袖の下に半紙を挟んで着物にしわが入りにくいようにするのも良いですよ。

この辺のことは好みややりやすい方法でやりましょう。
また広さがない場合は、膝の上で衿下から下の部分を上のように合わせて折ってから着物の上の部分(衿下まで)をきちんと折る方法もあります。
IMG_4266.JPG
こういう風にたたむ方法もあります。

たたみ終わったら、たとう紙に入れて保管しましょう。
簡単に言うと、衿に変なくせができるようなシワが入らないようにすることと、縫い線に沿ってたたんであげることで着物のへんな場所にシワが入らないということです。
あまり難しく考えないようにして下さいね。

着物たとう紙 10枚組

着物たとう紙 10枚組


30年が過ぎても色褪せないので今もこの着物は袷なので冬になるとたまに着用しています。
ちなみにシルックというものです。
見た目は絹かどうかなんてなかなかわかりませんがシルックは着心地も良いです。
なんてったって30年経った着物が現役ですから。(笑)
ブログランキングに参加しています。
応援していただける方はポチッとクリックをお願いします。

bn
人気ブログランキングへ


きものの種類

きものの種類

きものの種類


留袖(とめそで)・・
既婚女性の礼装です。
結婚式等で着ます。

喪服(もふく)・・・・
葬式や法要時に来ます。

振袖(ふりそで)・・
未婚女性の礼装です。

訪問着(ほうもんぎ)・・
未婚、既婚に関係なく、付け下げよりも少し格の高い
きものです。

付け下げ(つけさげ)
未婚、既婚に関係なく訪問着と同様に
軽礼装です。
結婚披露宴や、子供さんの入学式等に着られます。

色無地(いろむじ)
大学の卒業式などで袴によく合います。
他の着物と違い幅広い場で着れるので重宝します。
グレーや濃紺など、地味な色であれば弔辞用として
着る事ができます。
一つ紋(背にひとつ)を入れる場合がよくあります。
三つ紋(背と両袖にひとつずつ)にすると、紋の入っていない訪問着よりも格が高くなりますので気軽な場所には合わなくなります。
子供さんの入学式の時には昔は色無地の着物に、紋付きの羽織を羽織るお母さんが多かったのですが、最近ではあまり見られなくなりましたね。


小紋(こもん)・・・・
ちょっとしたお出かけに着ます。
柄によっては余所行きにも使えます。

【・江戸小紋・京小紋・慶長小紋・加賀小紋・更紗小紋
・型絵小紋・紅型小紋(びんがたこもん)などがあります。】

(かすり)・・・・・・
普段着にも仕事着にも使えます。
柄には【・絵絣・十字絣・亀甲絣・蚊絣・銭絣・蜻蛉絣(とんぼがすり)・猫足絣・雨絣・井桁絣・矢絣・格子絣・】
などがあります。

産地独特の柄の絣には
【・琉球絣・薩摩絣・久留米絣・伊予絣・倉吉絣・広瀬絣・弓浜絣・作州絣・備後絣・】
などがあります。

絞り(しぼり)・・・・
最近では振袖などの礼装にも絞りの着物があります。
しかしながら、袖丈の短いものでは礼装にはなりません。
【・縫い絞り・巻上げ絞り・疋田絞り(ひきたしぼり)・貝絞り】

(つむぎ)・・・・・・
もともとは普段着です。染め紬で訪問着なども今は作られていすま。


・本場大島紬(ほんばおおしまつむぎ)
・本場奄美大島つむぎ(ほんばあまみおおしまつむぎ)
・久米島紬(くめじまつむぎ)
・黄八丈(きはちじょう)
・結城紬(ゆうきつむぎ)
・置賜紬(おいたまつむぎ)
・米沢紬(よねざわつむぎ)
・長井紬(ながいつむぎ)        
・石下紬(いしげつむぎ)
・信州紬(しんしゅうつむぎ)
・小千谷紬つむぎ(おじやつむぎ)
・上田紬(うえだつむぎ)
・南部紬(なんぶつむぎ)
・松本紬(まつもとつむぎ)
・飯田紬(いいだつむぎ)
・伊那紬(しなつむぎ)
・秋田黄八丈(あきたきはちじょう)
・颯々紬(さざんざつむぎ)
・村山大島(むらやまおおしま)
・紅花紬(べにばなつむぎ)
・牛首紬(うしくびつむぎ)
・群上紬(ぐんじょうつむぎ・ぐじょうつむぎ)
・秦荘紬(はたしょうつむぎ)
・塩沢紬(しおざわつむぎ)
・十日町絣(とおかまちかすり)
・琉球絣(りゅうきゅうがすり)
・与那国織(よなぐにおり)
などがあります。

浴衣(ゆかた)・・・・
湯上りや、お祭りなどで着ます。

袴(女性)・・・・・・・・
元来、高貴な人が着るものでした。
今では、入学式する子供や大学の卒業式で着る事が多くなりました。
弓道も袴姿ですね。


女性が袴を身に着ける場合、帯位置が少し高いので袴のサイズは男性の袴のサイズを測る時とは多少異なります。
身長がおおよそ160cm前後の女性でしたら、くじら尺で、紐下2尺5寸(94cm程度)でしょうか。
数センチの事ですが、見た目が変わりますのでできれば呉服屋さんや着物屋さんできちんと採寸された方が良いかと思います。



袴(男性)・・・・・・・・
男性の礼装です。

男性の袴のサイズは「紐下」の長さに気をつけましょう。
身長が170cmくらいの方でしたら、くじら尺で、2尺3寸(87cm)くらいでしょうか。
袴下の着物の帯位置によって袴サイズは多少違ってきますのでできれば呉服屋さんや着物屋さんで寸法を測っていただくのが一番だと思います。


ブログランキングに参加しています。
応援していただける方はポチッとクリックをお願いします。

bn

人気ブログランキングへ


  1 2 3  次の10件>>



Powered by Seesaa